So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー ブログトップ

【サッカー日本代表】バヒド・ハリルホジッチ氏(62)の新監督就任を正式発表&来日会見!!。Twitter (ツイッター) まとめ投稿。2015/03/13(金) [サッカー]



スポンサード リンク









[ぴかぴか(新しい)]  ハリルホジッチ [ぴかぴか(新しい)]

[ぴかぴか(新しい)] 新監督 [ぴかぴか(新しい)]

[ぴかぴか(新しい)] 来日会見! [ぴかぴか(新しい)]











やっと、正式に決まりましたねーーー!!


よかった、よかった^^♪。



来日記者会見を観たんですけど、

この監督さん、思ったよりもやってくれそーな印象を受けましたね。



オシムさんにも似ていて、理知的な感じがしました。


けっこう、やってくれるんじゃないでしょうか。



あまり期待もしていなかったんですが、

彼の会見を観て、なんかイケそーな気がしてきました(笑)。




今度の代表戦が楽しみですね^^♪。



これは絶対、応援しましょーーー!!。









広告PR





nice!(99)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【サッカー日本代表】新監督に、ハリルホジッチ氏就任へ!!。Twitter (ツイッター) まとめ投稿。2015/03/06(金) [サッカー]



スポンサード リンク









[ぴかぴか(新しい)]  日本代表監督に [ぴかぴか(新しい)]

[ぴかぴか(新しい)] ハリルホジッチ氏 [ぴかぴか(新しい)]

!契約で基本合意!










※ やっと、新監督が決まったみたいですね~~~


しかし、このハリルホジッチさんって人は、

いつも眠たい顔してるし、オーラもなさそーだし、

本当にこの人で大丈夫か?

って、感じですね(笑)




でも、決まったからには、応援しましょーーーーッ!!





◇ 2ch まとめサイトも、テキトーにやってま~~~す^^♪ ◇

↓ ↓ ↓ ↓










広告PR





nice!(56)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【香川真司 × 内田篤人】「ドルトムント vs シャルケ]のダービー戦・日本人対決は、圧勝で香川に軍配!!。Twitter (ツイッター) まとめ投稿。2015/03/01(日) [サッカー]



スポンサード リンク









[ぴかぴか(新しい)]  香川 × 内田 [ぴかぴか(新しい)]

[ぴかぴか(新しい)] ダービー戦、 [ぴかぴか(新しい)]

日本人対決!!




ドイツサッカー・ブンデスリーガ 2010-11 日本人選手激闘録 [DVD]






淡々黙々。





広告PR





nice!(57)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【アギーレJAPAN】日本 4-0 パレスチナ圧勝!![アジア杯]。本田圭佑の母校・星稜は初優勝!![高校サッカー]。Twitter (ツイッター)まとめ投稿。2015/01/12(月) [サッカー]



スポンサード リンク









アギーレJAPAN
[ぴかぴか(新しい)] 快勝!! [ぴかぴか(新しい)]




アギーレ 言葉の魔術師









[ぴかぴか(新しい)] 本田の母校・星稜は初優勝!! [ぴかぴか(新しい)]









変えていく勇気 日本代表であり続けられる理由








広告PR





nice!(110)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【本田圭佑 vs 長友佑都】史上初!ミランダービー日本人対決。Twitter (ツイッター) まとめ投稿 。 2014/11/25 [サッカー]



スポンサード リンク








([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)







ワールドサッカー ウイニングイレブン2015







広告PR





nice!(78)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【本田圭佑(ほんだ・けいすけ)】ACミラン入団会見!。~他。Twitter (ツイッター) まとめ投稿 。 2014/01/08~09 [サッカー]



スポンサード リンク










本田圭佑

[ぴかぴか(新しい)]  ACミラン  [ぴかぴか(新しい)]

入団会見!!







ACミランに加入した日本代表MF本田圭佑(27)選手の入団発表が8日、

ミラノ市内の本拠ジュゼッペ・メアッツァ(通称サンシーロ)で行われました!。




本田選手は、小学校の卒業文集で

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。そして、レギュラーになって10番で活躍します

と書いていましたが、その夢が現実に叶って、ホント良かったですね!。



すごい引き寄せ力だ!。


















フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日









広告PR





nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【 コンフェデ杯 】 ザック JAPAN vs イタリア代表 2013-6・20(木)。 [サッカー]



スポンサード リンク











サムライブルーがイタリアを圧倒しましたーーーーー!!。




◆ ザック JAPAN vs イタリア代表 ◆
( コンフェデ杯 in ブラジル)




残念ながら試合は(3-4)で負けてしまいましたが、久々に見応えのある面白い試合でした!。



ブラジルの4万人の大観衆も、日本の奮闘に歓喜し、

ジャポン ジャポン ジャポン ジャポン ジャポン!!

と大歓声で味方についてくれてました!!。 [グッド(上向き矢印)]



本田、香川、岡崎のゴールは本当に素晴らしかったです!。



特に 香川 の反転しながらのボレーシュートは完璧で最高でした!!。


ここ最近の試合は全く結果を出せず影が薄かっただけに、やっと輝き[ぴかぴか(新しい)]を取り戻しましたね^^。


負けたにもかかわらず、試合後は MOM (マン・オブ・マッチ)に選ばれました!。[手(チョキ)]



イタリアは完全に日本をなめていて、先に2点先制されると、選手(アッズーリ)も監督も呆然として、めっちゃ、あせってましたね。


試合中は、日本の方がずっとボールを支配し、腰の引けたイタリアを圧倒してました!。


でも、さすがサッカー歴史のある強豪国なだけあって、なんとか逆転に成功し、終わってみれば勝ちに持っていきました。 この辺が、まだまだ日本との差なんでしょうね。



日本のゴールは素晴らしかったんですが、なんでその後簡単にゴールを決められてしまうんですかね~。 [ふらふら]



この間のブラジル戦もそうでしたけど、守備の稚拙なミスが多すぎます。 [パンチ][むかっ(怒り)] 

なんで、オウンゴールなんかしてしまうんでしょーか?。 [がく~(落胆した顔)]


あっさり吉田がゴールライン際でかわされて、内田がオウンゴール・・・・。

長谷部もペナルティーエリア内で(故意ではなく、不運な)ハンドを犯し、バルテッロにPKきめられる・・・・。


まあ、一生懸命やった結果なので、守備陣をせめられませんが・・・・。


ゴールキーパーの川島も点を獲られすぎです。2試合で7失点はひどすぎます。[たらーっ(汗)]

川島のドヤ顔は健在ですが、なんか最近体が一回り小さくなったよーな気がするのは僕だけでしよーか?。



・・・・・・悪い面ばかりあげてもキリがないので、この辺で止めときます。 [ダッシュ(走り出すさま)]



善戦むなしく、日本は1次リーグ敗退ですが、収穫と課題が見つかりました。 [わーい(嬉しい顔)]


次のメキシコ戦に期待しましょう!!。 [グッド(上向き矢印)]




==それでは、試合後の両チームの監督や選手たちのコメントを紹介します。==



日本代表



ザッケローニ監督

「イタリアにも負けていない」

「ブラジル戦とは違って積極的にいくことができたし、非常に興味深い試合だった。それに、日本のやり方で試合を進めてくれた。最終結果は残念だが、非常に良い内容だったと思う。しかし、勝たなければいけない試合だったので、可能なチャンスをすべてつかまなければならなかった。イタリアより日本の方にチャンスが多かったのは事実だが、意識しなければならないのは、イタリアの方が少ないチャンスをうまく得点につなげたことだ。」

「イタリア人としても、1970年のW杯を思い出した。イタリア対ドイツの試合で4−3だったこと、これはイタリア人が常に思い起こすことだ。今夜の試合も、後半は特にそうだったが、得点が動く非常にエキサイティングな試合だった。」

「来年のワールドカップ(W杯)までに強豪国とのギャップを埋めていかなければならない」

「国際経験の差が結果を分けた」と課題も説明し、次戦も貴重な経験の場と意気込んだ。


本田圭佑

「残念です・・・・今は冷静に考えられない」と悔しさをあらわにし、22日のメキシコ戦は「頑張ります」とだけ答え、インタビューを切り上げていました。

その後、本田圭佑は以下のように試合を振り返っている。

「正直、いい試合をしたというのは思わないし、この2試合で大会が終わってしまったというのが事実だし。俺はさんざんだったし、PKでの得点しかないということをしっかり受け止めて、またしっかり出番をもらえるよう、準備して行きます。プレーのことはね。今日はこれだけにしてもらいたいです」


香川真司

「後半のチャンスで決めきれなかったのが悔やまれます。逆にイタリアは後半の数少ないチャンスを全部決めてきたので、その差は感じます」と決定力においてイタリアの方に分があったことを認めてました。

自身のゴールについては、「うまく反転できて、シュートもオフサイドポジションを確認しながらいい流れで落ち着いて決めれたと思います。冷静にシュートできました。」と答えていました。


岡崎慎司

「自分の思うところにポジションを取っていたので、それがうまくいったかなと。ある意味、気を遣わなかったということだと思うんですけど、そういうところが良い距離感を生んでいたのかなと思います。みんな自信を持ってサッカーができていたのを感じながら、自分もできました。だから、前に行けたんだと思います。」


長友佑都

「前半最後の失点がすごく痛かったです。内容的にはイタリアを上回っていたと思いますし、僕らがワールドカップに出場して、目指す方向性は見えてきました。こういう戦い方をすればいいというのは自信を持っていいけど、結局負けです。勝ちぐせというか、強豪のイタリアは内容が悪くても勝つサッカーをします。そういった意味で、日本には足りない部分だと思います。」


吉田麻也

2失点目につながるミスを犯した吉田麻也は「ああいう個人のミスでもったいない形で失点してしまうのは、リズムも崩れるし、非常に申し訳ないと思います」「僕のミスが試合のキーになったと思う」と反省しきりでした。


長谷部誠

「今日の試合は代表のターニングポイント」

「1失点目は明らかに自分の責任です。あの1点で試合の流れを変えてしまったと思いますし、ゲームプランは間違いなく狂いました。失点をするのは1人のせいではないけど、責任を感じます。」


内田篤人  「内容どうこうを言っても負けは負け」

遠藤保仁  「2−0で後半を迎えられれば良かった」

中村憲剛  「そこまで大きな差はないと思う」

酒井宏樹  「DFのレベルが高いと思った」


川島永嗣(Gキーパー)

「失点の形は自分たちが招いた」

「残念な結果になりましたが、自分たちがさらに上にいくんだというのはピッチで表現できました。」



イタリア代表



プランデッリ監督


苦戦を認め、日本には賛辞を贈ってました。

「我々の方に運があった。日本の方がよくプレッシングをしていたが、我々は精神力で戦い抜き、最後まで諦めなかった。何とか結果を出して3−3になったととき、まだわずかに攻撃する力が残っていて、最後に勝負を決められた。今日の経験は非常に有意義なものであり、今後にも生きてくると思う。」

「日本は非常によくまとまったチームで、優秀な選手が数多くいる。試合後に印象が変わったということはないが、日本に対する敬意はさらに高まった。ポテンシャルがあるので、さらに伸びるチームだと思った。」



バロテッリ

ツイッターで日本に賛辞。

「日本、おめでとう。素晴らしい試合だ。見事なチームだよ! フォルツァ(頑張れ)、イタリア! みんなすごいぜ!」


デ・ロッシ(MF)

「日本は信じられないくらい強かった」

「苦しかったね。キャリアで最も難しい試合の一つだった。良い結果だったととらえよう。でも、僕らはこの勝利にふさわしくなかった」

「日本に賛辞を送ろう。彼らは素晴らしかった。僕らはそうじゃなかったけど、勝ち進むことができたね」


ブッフォン(Gキーパー)

代表マッチでこれほどシュートを打たれた経験はないと語った。
 
「外から見ている人たちは間違いなく楽しめたと思う。でも僕らにとっては、これだけ色々なことが起こるのは普通じゃなかった。いつもの僕らはバランスの取れたチームだ」

「代表でこんなにシュートを打たれるのは今までになかったことだ。スペインとの(EURO2012)決勝でもなかった。本当に何が起こってもおかしくなかったし、どんな結果になってもおかしくなかった。最終的には僕らにとって良い結果になったけどね」


アンドレア・バルザーリ(DF)

本田圭佑に感銘を受けたようで、アジア王者の強さに驚きを隠せない様子でした。

「日本が良い選手を揃えているとは知っていたが、これほど強いチームとは思っていなかった。本田(圭祐)はファンタスティックだった。彼は香川(真司)と同様、世界のどのチームに行ってもレギュラーになれると思う」

「だが、日本は本田と香川だけじゃなかった。とても組織された良いチームだった」




イタリア戦健闘の日本を世界各国のメディアも称賛!!。



イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』

 20日付のイタリア、ガゼッタ紙は日本を高く評価、「狂ったイタリア」「ザックが恐怖を感じさせる」と自国の代表チームの苦戦を伝えた。日本のシュートがたびたびポストやバーに阻まれたことにも触れ、イタリアは幸運に感謝しなければならないとしている。

採点ではザッケローニ監督に7の高得点をつけ、「親愛なるザックさん、なんと素晴らしい日本なのでしょうか」「テクニック、戦術、ダイナミック。エネルギーのタンクが満タンだったら、グループ予選通過も夢のユートピア(理想郷)ではなかった」とコメントし、香川、本田、岡崎にも7点と評価した。

最優秀選手の香川には「その実力がわかった。左サイドで大暴れ」と手放しの褒めようです^^。

岡崎については「右サイドで熱狂的に攻め上がる」、本田について「HONDAというHONDA(ONDAはイタリア語で波)が押し寄せ、イタリアは沈みかけた。名前にふさわしくバイクのように走り回った」、と説明し、吉田については「4失点は多すぎ。やや日本の弱点か」と厳しかった。

1面では、「気持ちの勝利だったが、ドキドキものだった」と試合内容を表現。「1970年メキシコ大会のワールドカップ準決勝、イタリアvs西ドイツ戦を彷彿させる戦いで、見ごたえ十分だった」と延長の末、4-3でイタリアが勝利した伝説の試合になぞらえてました。


 21日付では「ザックをイタリアへ」という声が上がっていると報道。

「イタリアサッカー協会がW杯後にザッケローニに代表監督のオファーをしても何も驚くことはない。外国での経験もあるし、結果も出した。彼は遠くに仕事をしに行ったが、今はホームに呼び戻す時だ」と、プランデッリ監督の後任として支持しました。



イタリア紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』

「震えるような4-3 ミス、興奮、苦しみ」とアッズーリが味わわされた苦難を強調。電子版では「武士道の基本理念のような7ゴール」と好ゲームをたたえた。

ザッケローニ監督に7点を与え「まさにクラブチームのようだ。組織化され、走れるし、アイデアもある」と手腕を讃えました。


 21日付では一面で、『本田 AC.ミラン移籍へ』と報道!。商業面での効果も伝えました。



元イタリア代表DFでイタリアのテレビ解説を務めた ジュゼッペ・ベルゴミ 氏(49)が、本田を絶賛!。

 ACミランが本田の獲得に興味を示していることに触れ「もちろんミランで通用すると思う。技術的なクオリティーとともにフィジカルも強い。ピッチでは監督の要求に自らを適応させ、常にチームのためにプレーしていた。こういうプレーがコンスタントにできるのならば、もちろんミランでも余裕でやれる」と断言。

 試合に関しては「日本は不運だった。日本がきょうのような試合をすれば、止めるのが難しい。(本田以外に)香川、岡崎、長谷部も良かった」と話した。




イギリス『BBC』

解説を務めた リネカー 氏は「これほどエンターテインメント性の高い試合を見たのは、いつが最後だったか思い出せない。本当に素晴らしい」「さすが日出ずる国、日本!」と絶賛。「前半終了間際の10分間、後半開始直後の10分間以外は、日本が完全に支配した。決勝点が生まれるのは途中まで日本だと確信していた。しかし(後半37分の)岡崎のシュートと香川のヘディングがポスト、クロスバーを直撃して、運が尽きた」と感想を述べました。

「日本は本当に素晴らしく、勝利にふさわしかった」とし、解説者を務める元ウェールズ代表の ロビー・サヴェイジ 氏は「(12月に)フリーになる本田は多くのクラブが欲しがるだろう。素晴らしい勝負だった。ここまで今大会のベストゲームだ」と両チームの戦いぶりを称賛。


『ユーロスポーツ』英国版

この試合の両チームを採点し、イタリアのバロテッリ、デ・ロッシ、ジョヴィンコ、日本の本田、香川、岡崎の6人に最高点の8点を付けるとともに、FIFAと同じく香川をマンオブザマッチに選出。

同フランス版は「日本の素晴らしい戦いによって異常な試合となったが、最終的にイタリアがグループ突破を勝ち取った」と伝えました。


『ESPN』

「プランデッリ率いるイタリアに対してこれほど良いプレーを見せたチームは、おそらくEURO2012決勝のスペイン(イタリアに4-0で大勝)まで遡らねばならないだろう」と日本の戦いぶりに賛辞を送った。


スペイン紙マルカ

岡崎ヘッド弾を、「日本にはオリベル・アトム(スペイン版キャプテン翼の名)がいた」と絶賛した。



韓国紙の中央日報電子版

「失われた18カ月…1970年代に戻った韓国、先端サッカーを追求する日本」と題した記事を掲載。趙広来監督が率いた18カ月で韓国サッカーは後退、逆にザッケローニ監督の日本は組織力を高めたとしている。」

 さらに解説委員の評価として、「日本は戦術的に現代サッカーに似ている。かなり高いレベルのサッカーをする」。対する韓国は「2002年の4強入りでストップしている。世界サッカーの流れに追い付くことがもっと重要だ」と手厳しかった。


韓国 『フットボーリスト』 のコラムニスト、ソ・ホジョン氏は「日本は、韓国がもう長年失ってしまっているような素晴らしいプレスとパスワークを見せた」と絶賛。Goal韓国版のキム・ヒョンミン氏も「日本のパスプレーは明らかにアジアのレベルを超えている。韓国はここから学ばなければならない」とコメント。


中国 『中央電子台』

解説者の劉嘉遠氏は、「日本の試合で最も感銘を受けたのは『自分自身を信じる』ということだ。中国のサッカーにも同じことが必要だ」と述べました。


タイ の大手サッカーサイト 『Soccersuck.com』

「日本のスピリットは見事だった。試合を通してアッズーリに対して攻め続けたが、最後は経験豊富な相手に屈した」と試合を伝えています。




元日本代表監督の イビチャ・オシム 氏(72)も、日本の戦いぶりを高く評価してました。

「得点がたくさん入って、面白い試合だった。結果がどうであれ、観客は見ていて楽しかっただろう。私が日本代表の監督をしていた時のスイス戦(4―3)を思い出した。」

「試合には負けたので手放しで喜ぶわけにはいかないが、積極的な良いプレーをしたこと、自信を喪失したブラジル戦から立て直したという意味で、選手とスタッフには「おめでとう」と言いたい。だが、両チームとも決定的なミスを何度か繰り返していたので、監督にとっては心臓に悪い試合だった。」

「日本は、初戦のブラジル戦に比べ大きく変化し、「何かを成し遂げたい」という明確な意志が感じられた。」

日本がミスで失点したことに対し、イタリアついては、
「イタリアは対照的に、試合の立ち上がりや終了間際などで点を決めるなど「試合巧者」ぶりを発揮した。状況に応じてリスクを冒し、あるいは安全策をとる。リズムとテンポを自在に変える。それが「フットボール的」能力、センスというものだ。その差がイタリアの勝ちになった。」と分析していました。



   ===    ===    ===    ===    ===    ===   



試合で惜敗した日本代表でしたが、ご覧の様に各国のメディアは絶賛してました。 [わーい(嬉しい顔)]


でも選手たちは、誰一人として浮かれていないと思います。
むしろその逆で悔しい気持ちの方が強いでしょう。


次のメキシコ戦では、その鬱憤を晴らし、ぜひ勝ってもらいたいですね!!。 [グッド(上向き矢印)]




皆さん、23(日)AM 3:30 から見逃さずに絶対、応援しましょーーー!!。







ザッケローニの哲学

ザッケローニの哲学

  • 作者: アルベルト・ザッケローニ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/12/28
  • メディア: 単行本




フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学  世界のHONDAになる日

フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日

  • 作者: 元川悦子
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2012/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道

フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2013/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]

日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2011/05/10
  • メディア: DVD




2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD 日本代表 熱き戦いの記録

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD 日本代表 熱き戦いの記録

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD

















広告PR





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ



★ ツイッターやってます! ★


「楽っくん。の気になる最新ニュースを
いち速く情報配信しております^^♪。」

















★ Rakkun - Japan ★
記事一覧

★ 最新ニュースとりまとめ!★
外部サイト最新記事一覧




★ 『 楽ッ☆クル!【超】 』 ★





スポンサード リンク






サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。